コネクションプラクティスの視点 ―扁桃体の過剰反応―

こちらは、コネクションプラクティスの認定トレーナー(ラスール)として、日々の出来事を、コネクションプラクティスの視点から取り上げるシリーズです。

※コネクションプラクティスの視点とは

 コネクションプラクティスとは、非暴力コミュニケーション(NVC)の「共感」と、ハートマス研究所の「ハート・脳洞察」の相乗効果で、自分自身、まわりの方とつながり、人生の課題を解決し、人生を豊かに生きるためのスキルです。取り上げる話題は、日々の生活の中で、コネプラに関係あるなあ、と思ったことになります。場合によっては、「共感だけ」「ハート・脳洞察だけ」にかかわる話題の場合もあります。

コネクションプラクティスの基礎講座の中では、扁桃体の過剰反応ということをご紹介しています。扁桃体は、私たちの生存を脅かす脅威から守るという役割を担ってくれていますが、過剰反応をしている状態だと、過去、痛い目にあった記憶から、今現在には当てはまらないことでも、過剰に反応してしまうことがあります。たとえば、子供の頃、犬に噛まれた記憶のある人の扁桃体が過剰反応すると、大人になって、噛まれた犬とはまったく違う犬を見ても、扁桃体が過剰反応をして、「戦う、逃げる、フリーズする」のどれかの状態になってしまうようなことです。

木工体験に扁桃体が過剰反応した

私も、半年ほど前、その扁桃体の過剰反応を経験しました。ある、仲間との合宿で、プログラムのひとつに木工の体験が組み込まれていました。普通だったら、楽しみにしてもよさそうな企画ですが、私は、そのプログラムを見たときから、気が重くなってしまいました。というのも、昔から、手先が不器用で、図工の時間が苦手だったうえに、彫刻刀で指を切って血だらけになって恥ずかしかった記憶まで持っているからです。

そして、合宿2日目の午後。いよいよ木工体験の場所に行きました。簡単な1時間ちょっとのコースだとのことで、いくつか、作るもののオプションがある、とのことでした。教えてくださる方が、まだ、やり方も説明する前から、気がつくと、私は手を挙げていて「私は、めちゃくちゃ不器用なんですけど、1番簡単なのはどれですか?」と質問をしていました。

教える方も、仲間も、突然の私の質問に、ちょっと面くらったような顔をしていました。しかし、教える方は丁寧に、「どれも簡単ですよ。でも、このバターナイフなんかいいかもしれませんね。」とおっしゃってくださいました。

そして、そのバターナイフの作り方を聞くと。なんと、もう大体の形はできていて、それをやすりでひたすら、削るだけです。私は勝手に、「木工」という言葉から、彫刻刀を使うことを想像していたのですが。なんだ、やすりで削るだけ?それなら、私にもできる。と、ほっとするやら、恥ずかしいやら。

その後1時間のやすり磨きは、とても楽しいものでした。そして、気が付けば、私の作ったバターナイフは、なかなかの出来ではないですか。仲間のひとりが、やさしく「これで、昔の思い込みから、またひとつぬけられたね」と言ってくれました。本当にそうだなと思い、ほっとしたような気持ちになったことを今でも覚えています。

ハートと脳を同期させ扁桃体の誤動作を少なくする

まあ、冷静に考えれば、話しも聞かないうちから、心配して、手を挙げて、質問した自分の行動が、恥ずかしくもなってくるわけですが。まさに、扁桃体が反応していた瞬間だなあ、とも思います。

時差はあったけど、扁桃体の反応に気づけたのはよかったと思うし、今後は、どんな理由であれ、扁桃体が過剰反応してしまう時には、もっとより自覚的に、対応できそうな気がしています。

そして、コネクションプラクティスを成り立たせているスキルにひとつである、ハートと脳を同期させて、コヒーランスという落ち着いた状態を作る訓練をしていくことで、この、扁桃体の誤作動を少なくしていくことができる、と言われています。

合宿に参加したときには、まだまだコヒーランスの訓練が足りなかったのかな。でも、すぐに気づけただけ、効果は出てきたのかな、などと思いながら、今日もコヒーランスになる練習をしている私です。

<文責:株式会社まんま 代表 中村真紀>